世界からも評価が高い日本のゴルフ場!!日本のゴルフ場の特徴・魅力とは?!

皆さんは、日本のゴルフ場が世界からも高く評価されている事を知っていましたか?ここでは、そんな世界からも注目されている日本のゴルフ場における特徴・魅力についてお伝えします。

ゴルフ場とは?

ゴルフ会員権

日本のゴルフ場とカントリークラブの違い

日本でゴルフを楽しむ場所には、ゴルフ場かカントリークラブがありますよね。ですが、皆さんはゴルフ場とカントリークラブの違いを正しく把握していますか?ゴルフ場とカントリークラブで最も異なる点は施設規模です。ゴルフ場よりも大規模施設をカントリークラブと言いますが、本来の意味はもう少し違います。

ゴルフ場の意味

現在、日本には約2,400以上のゴルフ場があり、所有数世界第3位となっています。ゴルフ発祥の地と言われているイギリス、広大な国土面積を誇るアメリカ、それに次ぐ順位が日本なのです。なので、日本は立派なゴルフ大国の一つと言えます。ゴルフ場は、ゴルフクラブを略してG.Cと言われており、ゴルフ愛好家の集まりや同じゴルフ場の利用権を持つ人の集まりを意味しています。このように、ゴルフ場と言うのは「ゴルフを楽しむ」事が主となっている施設で、それ以外のスポーツ施設等は無いのが特徴です。

カントリークラブの意味

カントリークラブは、略してC.Cと言われておりゴルフ以外のスポーツ施設等も整った施設になっています。本来、カントリークラブと言うのは、スポーツ楽しむ事が目的で郊外に作られた会員制クラブになります。緑豊かな環境の中で、ゴルフ、水泳、テニス、ポロ等を満喫する事ができます。都市部にはスポーツクラブもありますが、体験可能なスポーツも限られてきますよね。その点、カントリークラブは、ゴルフや乗馬等に適した規模の大きさが特徴です。中には、レストランやバーを備えて結婚式を挙げる事ができる施設もあります。

現在の日本のゴルフ場の在り方

日本では、ゴルフ場であってもカントリークラブと名乗っている場合も多くあるのですが、施設内容としてはゴルフのみとなっています。また、欧米のカントリークラブは、会員同士の社交場としても利用されていますが、日本ではそのような交流場とされているカントリークラブは殆どありません。昔は、ゴルフ場もカントリークラブも会員でないと利用する事はできませんでしたが、最近は非会員でも1day利用等お得にプレーを楽しむ施設が増えています。また、殆どのゴルフ場では会員と同伴ならばゴルフ場の利用が可能となっています。なので、ゴルフをやっている人が身近にいる場合、有名ゴルフ場やカントリークラブに行く事もできます。

ゴルフの楽しみとは?

ゴルフ会員権

ゴルフと言うのは、一人ではプレーする事はできませんよね。最初は一人だったゴルフ生活が、知り合いとゴルフをする事でゴルフ仲間になって、いつの間にか大勢の仲間ができます。なので、あまりラウンドに行かない人でも、練習場でゴルフ仲間が増える事もあります。コンペ等に誘われた際には、積極的に参加する事で知り合いが増えるきっかけにもなります。ゴルフで繋がる人には年齢も性別も職業も全く関係無いので、色々な人と知り合ってゴルフを楽しむ事ができます。

ゴルフファッションを楽しむ

赤やピンクの派手なカラーの服装は、普段着用するのは中々難しいですよね。しかし、ゴルフウェアの中には派手なカラー展開のアイテムも多くラインナップされているので、自分好みのゴルフウェアでコースを楽しむ事ができます。もちろん、ゴルフの服装マナーやルールを守る事が前提ですが、自分の好きなウェアでゴルフを楽しむのも楽しさの一つです。

ゴルフ場の爽快感を味わえる

ゴルフ場で1番ホールのティーグラウンドに立つと、目の前に広がる緑、空青、澄んだ空気を全身で感じられますよね。その中で、第1打目のショットが上手く飛んだ時の爽快感は、何とも気持ちの良いものです。これから始まるラウンドにモチベーションや気分も高まります。

日本にあるゴルフ場の種類・特徴とは?

ゴルフ会員権

丘陵コース

日本のゴルフ場のおよそ7割以上は、丘陵コースになっています。丘陵コースは山の傾斜を利用したコースになっており、程良いアップダウンが繰り返しあるコースが特徴です。また、アップダウンの他にも、比較的左右のアンジュレーションも強くなっているので、常に斜面でのショットが求められます。山のふもとになってくると緩やかな傾斜になり、広大な景観を楽しめるコースもあります。

山岳コース

日本全国のゴルフ場の中でも山岳コースは、およそ6~7%程度になります。丘陵コースよりアップダウンが激しく、時には落下するような打ち下ろしがあったり、覆いかかるような打ち上げがあったり、そこにホールがあるのが特徴です。また、山の高所にゴルフ場があるので、コースは全体的に狭い作りになっています。他にも、夏の避暑地として人気のあるコースもありまます。

林間コース

林間コースは、平地や扇状地に広がる林を伐採して作られたコースです。日本ではおよそ1割が林間コースになります。高い木々で各ホールが分かれているケースが多く、独立した構成で各ホールが成り立っています。丘陵コースや山岳コースと比較すると高低差は無いのですが、高い木々でホールが分かれているので圧迫感を感じる事もあります。

シーサイドコース

海沿いに作られたゴルフコースで、他のゴルフ場と比較すると高い木々があまり多くなく、海風と対峙するプレーが求められます。日本では全体のおよそ3%程度になっています。

高原コース

高原コースは、山地にありながらも起伏が緩やかな地形を持ち、広々としたコース面積が特徴です。高地にあるコースなので、景観も良く開放感のあるコースが多くなっています。丘陵コースに分類される事もありますが、全体のおよそ3%程度が高原コースになっています。

河川敷コース

河沿いの平らな土地を利用して作られており、敷地面積は広くなく18ホールでないコースも多いです。市街地に近く比較的リーズナブルにゴルフを楽しめる人気コースです。また、コースがフラットでハザードも少ない為、ゴルフ初心者にはお勧めです。地元密着型運営をしている場合も多いのですが、全体のおよそ5%程度になっています。




ゴルフコースのまとめ

ゴルフ場の種類や特徴は大きく以上のように分類されますが、一つとして同じゴルフ場はありませんよね。各ゴルフ場にはそれぞれ特徴があり良さがあり、それは日本のゴルフ場の大きな魅力です。そのゴルフ場の特徴に合ったプレーを楽しむ事で、今まで以上にコースにある色々な仕掛けを楽しめるようになります。

世界から注目される日本のゴルフ場の魅力とは?

ゴルフ会員権

ゴルフ場所有数は世界第3位

冒頭でもお伝えしたように、日本国内には約2,400以上のゴルフ場があり、米国と英国に次ぐ世界3位のゴルフ場所有国となっています。日本の地形である丘陵地を巧みに利用したゴルフ場設計で、戦略性の高いゴルフコースも多く、海外ゴルファーの挑戦欲をも高める魅力を持っています。

四季折々を感じながらのプレー

多くの訪日旅行者は、日本で四季体験を求めますよね。それはゴルフでも同様の事が言え、ゴルフコースの植樹や日本独自の美しい景観と言うのは、海外ゴルファーに向けた絶好のPRコンテンツとなっています。

コースコンディションが良い

四季のある日本は、その時の季節や天候に応じて、ゴルフ場も繊細な管理が取り組まれています。日本のトーナメントはアジア一の規模で、グリーンやカラーの刈込みの質は海外からも高評価を獲得している事を知っていましたか?このように、日本の質の高いコースメンテナンスは、日本国内のゴルフ場の大きな魅力にもなっています。

リモコンカート・GPSナビシステム・お風呂も魅力の一つ

最近は全国的にキャディ不足な状態となっているゴルフ業界ですが、日本では海外では珍しい電磁誘導式カートや最新GPSナビシステムが設備されている等、訪日ゴルファーの嬉しいサポートが充実しています。また、日本独自の大浴場も訪日外国人の温泉人気と相まって人気があります。

レストラン評価が高い

観光庁データによれば、訪日外国人のおよそ7割が日本食を食べる事が観光目的と答えているのを知っていますか?ゴルフのハーフターンは日本ならではの習慣ですよね。日本のゴルフ場の品質の高い食事は、多くの来日ゴルファーの楽しみになっています。